「100日後に死ぬワニ」の次は「眠れないオオカミ」が来る!|人の心を絵の具にした傑作

雑学


https://twitter.com/shitara_ryo

Twiter発祥で社会現象にまでなった「100日後に死ぬワニ」どこか切なくメッセージを感じさせる作品であったが、今それを超える作品がTwiterで話題になっています。

そんな今話題の「眠れないオオカミ」を取り上げてみようと思います

物語を順番に読みたい方は作品集

登場人物の全てに過去と謎がある物語

眠れもせず動けもしない狼、そんな狼に近寄りハチくんが「最近ずっとココにいるね」と話しかけたが狼は無反応であった。しかし白い狼の話をした途端狼は剣幕を変えて起こり、ハチを襲おうをした。
しかし足が地面にくっついたまま動かない


出典 したら領さん(@shitara_ryo)の漫画「眠れないオオカミ」 

襲われたにも関わらず、ハチはそれからも狼に会いに来た。狼の事情を知ったハチは、オオカミが動けない事をなんとかして解決したいと思い、ジョウロと種をあげました
「精神的なものだろう」「過去を今で埋めるんだ」そう言い残してたハチは「毎日会いに来てやるよ」そう言って帰って行きました


出典 したら領さん(@shitara_ryo)の漫画「眠れないオオカミ」

その後も狼の周りには、ハチだけではなく、オオカミの過去を知っているだろう熊であったりが、次々に現れて、ストーリーが進みます
作品を見ていると、「動けない窮屈さ」「遠くに行きたいが自分の小ささに気づき諦めてしまう」そんな心の叫びが鮮やかな色とともに表現されています

共感してしまうキャラクター達狼と自分を重ね合わせてしまう

哀愁や喪失感が漂っている、キャラクター達はどこか「くたびれているような」「上の空のような」感じが、なんとも人間くさく、狼以外も何か抱えている感じがなんとも言えません

眠れない狼はまだまだ続く

今やTwiterのフォロアー数が10万を超え、多くの人に感動と哀愁を振りまいています

新たに登場したキャラクター、徐々に明かされる狼と白い狼の過去。狼がどうしてあの場から動けないのか、一体どうすれば動けるようになるのか今後の進展が楽しみになります

作者さんである、したら領さん「作品は7〜8日のスパン」くらいと言っているので早く新作が出るのが待ち遠しいです

物語を順番に読みたい方は作品集

<したら領さんのSNS>
Twitter:@shitara_ryo
インスタグラム:@shitara_ryo_tacorice88
note :https://note.com/shitara_ryo1988

コメント

タイトルとURLをコピーしました