すべての商品、サービスは情報弱者向けであることを知って稼ごう

未分類

ふと思った人はいませんか、こんなに簡単なアイデアで、こんなにお金を稼いでいるのはずるい!


そう思った方は何も間違ってはいません。世の中は案外単純なものでできているのです。

ビジネスの基本は情報

ビジネスのは情報の量と質で決まるといわれているが、それは戦略やマーケティングに限ったことではありません。商品自体にの情報も大きくかかわっているのです。


例えば超精密機器を作っている会社がいて、商品をかなり高額な値段で売っている。それが欲しければその商品を買わなくてはいけない。


しかしもし、消費者がその精密機器の製造方法を知っていたら、その精密機器は会社から消費者という流れではなく、消費者という個人で完結する。


それに加えて精密機器を安く作れる情報を知っていると、消費者が販売者にとってかわることができます。

情報を良い方向で勘違いさせる

しかし商品は性能が良くて、安いものが売れるとは限りません。なんやかんや言っても高いiPhoneは売れています。


いかに勘違いさせるのかなのです。ぱっと見でよさそうに見える外観、おしゃれで統一感があるなど、そのようなことで人は、選びます。正直いって中身はあまり見ていなかったりします。

情報のほとんどは視覚から


人間は五感からそれぞれ情報を得ていて、視覚器官からは、全体の87%もの多くの情報を得ています。
つまり、色や形やイメージといったビジュアル表現ですべてが決まります。


そのために、ビジュアル表現を用いて、情報が分かりやすく視覚化されていて、「言いたいことが、見てすぐ分かる」ことが重要なのです。

日本人の性格をよく考える

こんなジョークがあります。
船が沈みそうになった時に、海に降りてもらう時の言い方
アメリカ人には「飛び降りれば英雄になります」
ドイツ人には「きそくですので飛び降りてください」
日本人には「みんな飛び降りています」


流行りすたりを考えると、いかに多くの人が使っているか、多くの人を巻き込むかが重要になってきます。

極端な言い方をすると、チープなものを作ることです。安っちい物を作るということではなく、できうる限り多くの人が使いそうになるものを作ることです。機能に凝ったり、性能に凝ったりするのではなく、使いやすさシンプルさを突き詰めることです。多くの人が使うものを作ることです。

情報を作り上げる

これは上級者になってからのはなしですが、本来では全く価値がないような情報を作り上げるよu

になれば、どんなことでも価値のある情報になります。


Youtubeがかなりいい例ですが、同じ筋トレの情報であったとしても見てもらえるものとそうでないものがあります。筋トレであれば、やはりよりマッチョマンが教えてくれるほうが信憑性がまします。


でも筋トレの方法など劇的に変わるものではありせん。多くの筋トレ動画の内容は同じようなものです。しかし、それでも見てしまうような付加価値をつけれことが成功しているから、同じような内容でも見てもらえるのです。そして、コツをつかむだけで、見ている人の同じ内容だと悟らあれないようにできるのです。

そうだネハン様ブログの方向性が決まったんですよね、報告しなくてもいいんですか

するよする、ちょっと緊張してるだけだよ

別に緊張することないじゃないですか。ほぼ見てもらってないこんな弱小ブログ

失礼な!最近は下降気味だったけど、月に二桁は見てもらってるんだから
それでは発表します。デレレレレレーン、
人生を損をしない生き方を哲学的に紹介するぶろぐにします。

長いし、随分と大雑把ー

まぁ、一応ね宗教的なことやりたいし、役立つ情報を発信しないとみてもらえないからね。では皆さんこれからよろしくお願いします… ペコリ

シーン、その決意を聞いた者は誰もいなかったのである。次回ネハンスランプに陥る

おい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました