ポケットWi-Fiとルーターどっちが得なのか検証

Wi-Fi

自宅を警備するためには、外の情報いち早く入手しなくてはいけません。
しかし予算が限られているとはいえ

・容量を気にせずに使いたい
・動画を見ていちいち止まるのは馬鹿らしい
・工賃とかかけたくない

この要件がすべてそろっているものでは、自宅を警備するのにふさわしい設備とは言えません。
この三つを重点的に考えて最適なWi-Fiどっちなのか検証していきたいと思います。

ポケットWi-Fiのメリット

通信料の節約ができる

複数の端末に使えると同時に、外に持ち出すことができるのでWi-Fi、スマホやタブレットのパケット代を一本化することで安くすることができます。
また外でノートパソコンを使いたい!そんな時にいちいち高いお金を払ってスタバに行く必要がなくなり、外出時に余計な出費を抑えることができます。

             
使用用途 一か月の使用量 一本化した時の値段
スマホ料金 ¥3000~6000 一か月の使用量¥2900~4000円
固定回線の料金 ¥3000~5000
合計¥11000

工事費用がなくすぐに使える

モバイルWi-Fiは設置のための作業が必要なので、設置の工事を待って数日間使えない、なんてことにはなりません。

新居によっては固定回線が引けない場合もあるので、モバイルWi-Fiがおススメです。

簡単に持ち運びができる

サイズ感は旧世代のスマホ並みであり、重量もスマホとほとんど買わない炒め、胸ポケットにいれて外に持ち出すのも苦ではありません。

ポケットWi-Fiのデメリット

通信制限がある

安いと思って契約したらじつは通信制限がある、なんてことがあります。一か月の通信料を超えても自動的に追加料金が発生することはないですが、スマホの通信制限と同じでものすごく遅くなります。
ただスマホと違って、3日で10GBといったプランがあります。

ただゲームや動画を楽しみたいという人は上のプランはお勧めできません。私は現在固定通信を使っていますが一か月で150GB~200GBほど使っています。一日10GB、一か月で100GBしかないので月末に使えなくなる可能性があります。
なのでデータ容量無制限(UQWIMAX、au、Y!mobile、The WIFI)のほうがおススメです。
しかしコンマ一秒をような高速通信が必要な場合は、固定通信にしたほうがいいです。

バッテリーが切れたら使えなくなる

切り離して外に持ち出せるメリットがあるが、そのためにバッテリーで動いているために固定Wi-Fiのように常時インターネットにつなぐことができない。(ただ、家では充電しながら使えるので固定Wi-Fiのようにできる)

外で使用する時にうっかり充電し忘れったら使えなくなるので予備のバッテリーをもっておくとあんしんです。
最近では10時間以上つかえる機種が増えてきたので、そこまで気にする必要がないが充電はしっかりする必要があります。

スマホと同じで使える場所と使えない場所が存在する

自宅が電波が届かない場合、スマホと一緒で使用することができません。またエリアの中にいる利用者の使用状況によって通信が遅くなったりすることがあるので、常にカタログスペックの性能が必要、という人はおススメできません。
ポケットWi-Fiを契約する場合は、自分の家が電波が届くエリアにいるかなど、調べる必要があります。

モバイルWi-Fiがおススメな人

・一人暮らしをしている
・家以外でパソコンなどで作業する人
・引っ越しが多い人
・開通工事がされていないマンションなどに住んでいる人

固定Wi-Fiのメリット

高速な通信と安定性

固定Wi-Fiは基本的には環境に左右されずに、家の中に完璧な通信環境を作り上げるとこが出来るので、ストレスなく使用することができます。
また、固定Wi-Fiが置いていない部屋であっても、ルーターによっては遅くはなるが遠くまで届く機能がついているので、同じフロアであれば動画などもストレスなく見ることができます。

固定Wi-Fiのデメリット

マンションなど開通できていない場所では費用が掛かってしまう

マンションなど、開通ができていない場合では一軒家などとは勝手が違い、ほかの居住者との関係で工賃などが高くつく場合もあります。ただ、すでに開通工事がされている場合は安く済む場合もあります。

固定Wi-Fiがおススメな人

・家族が多く、一人一人が通信機器を持っている
・安定して高速な通信環境が欲しい場合
・家で仕事ができる環境が出来上がっている人

まとめ

固定Wi-Fiは家族がいる場合、快適なゲーム環境が必要な人におススメ

ポケットWi-Fiは、一人暮らしや通信機器を外で使う人におススメ

コメント

タイトルとURLをコピーしました