全国で活発化する学費返納|学生は声を上げても良いのかそれとも大学側のことを考慮したほうが良いのか

大学

大学が始まるはずだった4月を大きく超えて、すでに夏休みまでコロナの影響で授業再開ができなくなっている今日この頃

前期の授業が出来ずにオンライン授業の準備が進んでいます

しかし、気になるのが授業料はこのままなのか、それとも減額されるのかどうかです

オンラインすなわち通信制大学と同じということです。通信制大学の授業料は四年制大学よりも安いので、授業料が下がらないのは少しだけ不服です

ということでどうして大学はいまだ授業料を下げないのか、国はどういった救済策をとるのかを考察していきます(まぁ、国は今のところ対策は取らないみたいですけど)

現金給付はあるが、学費返納を決めた大学はない

神奈川県大学や芝浦大学、城西大学などはオンライン設備のために一律で5、6万円を支給している

しかし未だ学費返納をはっきりとした形で打ち出した大学はない。その理由は文部科学省との間で未だ決まっていないためだ

基本的に国と文部科学省は奨学金で賄うために、学費返納はかんがえていないらしい

国もとい財務相は、ここ最近文部科学省の予算を大幅に削っていたので想像できたことですが、学問を怠った国は総じて亡びたのに何を考えとるんだね…

大学側の言い分

人は来てはいないが、キャンパスの維持費に加えて、オンライン設備などに予算を割かなければいけなくなった

大学側としてはコロナの件で学生が来ないから安くなるではなく、逆に出費がかさんでいるので学生側に学費返納はしたくない

また国は従来の奨学金で賄えるとしているために、国、大学側は現状維持を望んでいる

学生側の言い分

まず、理系の大学などは実験や大学に「良い設備が整っているから」、そういった理由で大学の入試や、指定校、AO入試を受けた人は多いでしょう

わざわざ通信制大学ではなくその大学を選んだのです。一日二日使えないのは仕方ないですが、前期丸まる使えないのは文句も言いたくなります

また今度、テストはさすがにオンラインは出来ません。もし前期にコロナが治らずにテストができなかったとしてら履修に響いてきます

そのような不確定要素、そして本来使えたはずだった機材が使えないなど、そのために学費を払っているのに使えないのは、例えオンライン設備にお金がかかるからと言っても知ったこっちゃないです

大学も民間企業ですので、料金に見合ったサービスを提供できないのであれば授業料の減額はかるべきです

私立大学の純資産額

総資産から負債をなどをなくした純資産は

大学名 純資産現金資産
 日本大学  5842億円449億円
近畿大学 6611億円314億円
帝京大学 5590億円503億円
慶應大学 3026億円251億円
東海大学 2650億円577憶円
この情報は各大学の収支決算を参考にしました*1000万は四捨五入しています

日本の大学は海外特にアメリカと比べて資産を現金として持っている所が多くいですが、資産の大部分はキャンパスなどが大半を占めています

今使わなくていつ使うんだと、言いたいほど持ってますね。日本大学の資産はキャンパスが大きく占めていたとしても、ダイハツ(純資産4250億円)並みにありますよね

わ~すごい。ついでに自分の大学も100憶円ほど持ってました。

大学側に抗議するのは当然の権利、尽力している人達のことを考えて

抗議が過激化して、学費返納をしても良いのかどうか悩んでいる人がいますが、別に犯罪を犯しているわけでもないので、当然の権利としてそういった活動や署名をしても良いと思います

自分も大学に通っている身ですし、かなりの大金がかかるので署名活動はしました

しかし財務的権限を持ちえない事務の人に苦情の電話を送り付けるなど、いささか相手を間違えて攻撃していることが散見されます

今すべきことなのは大学の経営権を持っている人と、失敗しかしてこなかった文部科学省に対して強い意見をぶつけることです

過去に学生運動をして授業の値上げを阻止した大学もあります

学生が態度を示せば、大学や国は動きます。ですので節度を守って講義をするのは賛成です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました