幸せと言うものは無い!あるのは差だけ|高いものになれてしまうと不幸になる

哲学

幸せになりたい、そう思ったそこのあなた、幸せなどは存在しのいのです。作り出す事はできますが。

結論、幸せを追いかけすぎると不幸になる

お給料は1000万より一億の方がいい、三つ星レストランより五つ星レストランの方がいい。そうすれば幸せになる、なんて事はないです。
幸せは差でしか発生しません。例えば毎日回っていない高級なお寿司を食べたとしましょう。人間はすぐに環境に適応してしまいます。高いお寿司に舌が慣れて細かな味の違いを感じとれるようになり、それが普通になってしまうのです。
もし高いお寿司が普通になってしまうと、回転寿司があまり美味しく感じなくなって、高いお寿司も格段に美味しくは感じなくなります。
ではもし世界で最も美味しいものを毎日食べていると、この世に美味しいものが存在しなくなるのです。

食や高級品を極めると損してしまう。

贅沢ぜいたくを極めると出したお金と、もらえる幸せが減ってくるのです。
例えばワインです。

満足度を幸せだとすると、1000円から一万円になった時には満足度は40%も上がっているのに、100万円になっても15%くらいしか上がりません。これは目安であるのでこうとは限りませんが、値段が上がれば上がるほど、満足度の伸びは低く、数パーセントの満足度をあげるのに、数百万円もかけなくてはいけなくなるのです。そして、100万円のワインを飲み続けると、満足度は徐々に下がっていき、それでは満足できなくなるのです。

結論は、幸せになりたいのなら、差をつけろ

極端な話ですが、まずいものを常に食べていれば、美味しいものは格段に美味しくなります。良いものが常に周りにあると言う事はある意味で不幸な事なのかもしれません。

内容がほぼ食べ物でしたね

いいじゃないか、例えやすいんだから

ネハン様って、幸せになるために何かやってるんですか

やってるよ。いつもは安いバニラバーで我慢して、お金が貯まったらパルムを買う。そしてそれをブログをと布教活動を頑張った後、お風呂に入って食べる。熱いお風呂に冷たいアイス。これが僕の最高に美味しくアイスを食べる方法なんだ!
信者くんはどんなことやってるのかな?

僕のは大したことじゃないですよ。都心は便利すぎるので、田舎の別荘に住んで、一ヶ月に一度したら、都心のタワーマンションに帰るくらいですかねー

へー、それはすごい………(え、別荘、タワマン。なに信者くんそんなにお金持ってるの、てかさっきのアイスの話信者くんからしたら屁みたいな話なのか。しかしこんな若いのになんて贅沢、ここは年長者の私が歪んだ、彼の性格を直してあげなくては)
信者くんそれはね………

これくらいのことじゃ、ネハン様の武勇伝には叶いませんよね。
あえて私のために、アイスの話をしてくれたんですよね

う、うんそうだよ(とほほ……)

コメント

タイトルとURLをコピーしました