Youtuberがピンチに、しかし新規は今がチャンス

未分類

暇で暇で仕方なく、動画を見まくっていた今日この頃、こんな動画を見てしまった!

【悲報】不況到来でYoutuber全滅説!?今後のYoutubeについて【経営】

何と無くは予想していたことですが、会社がネット広告にお金を出さない為、ユーチューバーたちが厳しい状態になっている。

この時期は特に、確定申告なので税金が払えないなんてことにもなってしまう

自分もブログがある程度軌道に乗ったら始めようかなと思っていたので、このニュースを聞いて驚いて肩をがっくしおとしました

しかしもう暗い考えはやなので逆転の発想で考えたらこれはチャンスなのではと思いました!

YoutubeとNetflixの違い!

動画サイトとしてあげるとしたらこの二つを思いつく人は多いと思いますが、どうしてNetflixは売り上げ好調で、Youtubeは売り上げが一気に落ちたのか疑問に思った人は多くいると思います

同じように思っている人も多いですが実は、同じ赤文字のロゴでも中身は全くの別物なのです

Youtube

素人による動画発信サイトであり、動画を供給しているのはグーグルではなく、場所を提供しているだけです。Youtubeを見るのに月ずきに料金を支払う制度はないため、主な収入源は動画を見た時に出てくる広告であり、大部分をYoutube側がもらい、その残りをクリエイターがもらっています
Youtubeは何かを作り売るのではなく、広告によって成り立っているので、言い方は悪いですが広告に依存している形になります。これは親会社であるgoogleも一緒です

Nerflix

Netflixは厳密に言うと、「オンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社」であり、例えるのならTSUTAYAが映画やドラマを作り、店舗を持たずにネットでレンタル販売をしていると言った感じです
もちろんレンタルするのに料金がかかり、基本無料のYoutubeとは抜本的に違います。またストリーミングサービスで最も成功した事例としても有名です

この大きな違いによって、Netflixは売り上げを伸ばし、Youtubeは売り上げが下がってしまったのです

2020年4月現在の再生単価(予想)

多くのYoutuberが言っているのは「登録者数ではなく、視聴回数と時間」だそうです。コロナのせいで現在は再生単価が下がっていますが、UUUMの決算情報で推測すると0.2~0.5円くらい

そこから下がっていて、有名な人が「5分の1」「半分」と言っていたので、今現在の再生単価は0.07~0.1くらいだと推測できます。

H金さんはこの一ヶ月の再生回数が4954万回ですので現在の下がっている再生単価で計算すると

4954万✖️0.1=495万円

まぁトップヨウツバーであるので再生単価が下がったとしても、何にも影響がないですね。それとUUUMの株で15億円くらい持っているので、全く影響ないですね

今現在生活に必要な再生回数

ではこれを元にして考えます。生活できる一ヶ月の収入を20万として計算すると

20万➗0.1=200万再生

が必要になります。

   チャンネル名      登録者数    一ヶ月の再生回数      収入    
50万497万回50万円
63万713万回71万円
22万77万回8万円
10万121万回12万円
6万101万回10万円

もちろん過去の動画も視聴されるのでこの金額だけではありませんが、今回の騒動で50万以上のオワコン化していない登録者数を持った人しか、まともな額を貰えていないのです

単価が安くなっていることが逆にチャンスに、視聴者は飽きている

 1.稼げないので辞める人が出てくる、また新規参入が減る
 2.時間が有り余っているので視聴者が新たなチャンネルを探す
 3.外出自粛のために、動画を見る時間が増えている
 4.新規の人はどうせ最初は稼げないのだから、怖いもの無し

ライバルが減り、見てもらいやすくなっている今こそ、Youtubeを始めるチャンスかもしれない

コメント

タイトルとURLをコピーしました